(48)

    清次(寺田農)と梅木(柴田恭兵)は、かをる(沢口靖子)から手を引け、と戸川の吉武家へ乗り込むが、とね(草笛光子)と惣吉(川野太郎)に反論され交渉は決裂する。月を見て惣吉を思うかをるだが、惣吉も同じ月を見てかをると結婚したい、という決意を固めていた。清次は、久兵衛(津川雅彦)の代理としてかをるに入兆へ戻るよう諭すが、かをるは、清次たちが吉武家へ直談判に行ったことを聞き、ますますいこじになってしまう。