ニュース速報

この番組について

英雄・勝海舟の両親を描いた斬新なホームドラマ時代劇、待望の続編登場! 【作】山本むつみ 【音楽】荻野清子 【出演】沢口靖子 古田新太 稲葉友 鈴木福 大西礼芳 升毅 高橋和也 高橋ひとみ     市川右團次 松原智恵子 風間杜夫 里見浩太朗 ほか 【語り】春風亭昇太

出演者・キャストほか

  • お信 (沢口靖子)

    小吉の女房。 常に貧乏で苦労は絶えないが、持ち前の天真爛漫さと、武家の女としての潔い覚悟で乗り切っていく。人に対して分け隔てが無く、差別や偏見を持たない。

  • 勝小吉 (古田新太)

    家督を息子の麟太郎に譲り、隠居の身。 生涯を不良で通した永遠のガキ大将。人から世話を頼まれれば、自分が損をしてでも引き受ける。 後に「オレほどのバカは世の中にいないから、子々孫々の戒めに」と“夢酔独言”を書き残す。

  • 勝麟太郎(青年期) (稲葉友)

    父・小吉から家督を継いだ、勝家の当主。後の勝海舟。 幼少の時から優秀で活発、小吉と違って無法な事はしないが、覚悟と気合は父親譲りで、いったんこうと決めたら、テコでも動かない。 天真爛漫な母と、人情味溢れる父との間で多感な時期を過ごしながら“自分が何をなすべきか”を深く考えている。

  • 勝麟太郎 (鈴木福)

    父・小吉から家督を継いだ、勝家の当主。後の勝海舟。 幼少の時から優秀で活発、小吉と違って無法な事はしないが、覚悟と気合は父親譲りで、いったんこうと決めたら、テコでも動かない。 天真爛漫な母と、人情味溢れる父との間で多感な時期を過ごしながら“自分が何をなすべきか”を深く考えている。

  • お順 (稲垣来泉)

    両親の暢気な発言に釘を差す様が、祖母の“登勢”に見えてしまうほどしっかり者の勝家の長女。

  • 男谷彦四郎 (升毅)

    小吉の兄。信濃や越後の代官を勤めた超エリート。 優等生過ぎて、子どもの時から親に叱られたことがなく、父が小吉の方に愛情を注いでいるのを、寂しく思うこともあった。 お信にも小吉にもガミガミと小言を言うが、内心では、小吉の自由闊達な生き方を羨んでいる。

  • お遊 (高橋ひとみ)

    彦四郎の妻。お信から見ると、すべてが完璧な「武家の妻の鑑」のような人。 なんでも出来て、万事にそつが無い。お信にとっては、打ち解けて付き合うことの出来ない気の張る兄嫁。 だが、お遊も内心、お信一家の暖かさをうらやましく思っていたりする。

  • お民/文吉 (大西礼芳)

    深川の売れっ子芸者・文吉。麟太郎より2歳年上。実家は本所元町の炭屋・砥目茂兵衛。辰巳芸者らしく、勝ち気で気っ風が良く、踊りの名人。

  • 新門辰五郎 (市川右團次)

    浅草の侠客。町火消し「を組」の頭。若い頃に、大名火消しとの喧嘩で名を上げた。小吉とは、同年代(二歳上)で若い頃からの顔なじみ。

  • 石川太郎左衛門 (高橋和也)

    小ずるく出世している旗本。幼い頃に貧乏な小吉をばかにし、仕返しに小吉から痛めつけられたことがある。

  • 多賀 (松原智恵子)

    勝家の地主。1500石の大身旗本、岡野孫一郎の祖母。 息子は放蕩者、孫はボンクラ、このまま岡野家が潰れては死んでも死にきれないと、お信に泣きつく。

  • 都甲斧太郎 (風間杜夫)

    元御公儀の馬医者。今はボロ家に一人暮らしの偏屈隠居老人だが、外見に似合わず、実は優れた蘭学者。麟太郎の蘭学の師匠となる。馬と美人が好き。

  • 中野碩翁 (里見浩太朗)

    隠居ながら十一代将軍・徳川家斉の信頼篤い側近。ひょんなことからお信と麟太郎を遠くから見守り続けることに。

直近で放送したエピソード