恋せぬふたり制作日誌特別版 アロマンティック・アセクシュアルの当事者に聞く!前編

スタッフ
2022年3月30日 午後0:00 公開

企画演出の押田です。 「恋せぬふたり」最後までご覧いただけたでしょうか?今回は特別企画としまして、「恋せぬふたり」を当事者の皆さんがどうご覧になったのか。座談会形式で振り返ってみようと思います。このドラマの考証に入っていただいている中村健さんを司会に、その様子をお送りします。

〇座談会参加者の紹介(順不同)

中村健さん【なかむら・けんさん】(20代) 
本会では、司会を担当。17歳で「アセクシュアル」という言葉を知り、自認。普段は「なかけん」として活動
「恋せぬふたり」のアロマンティック・アセクシュアル考証。
 

大熊菜央さん【おおくま・なおさん】(33歳) 
ノンバイナリー。シスヘテロ男性のパートナー、ハムスター、デグーと楽しく暮らすアセクシャル家族。出会って1ヶ月、驚異的なシンクロ具合に意気投合し「家族になりませんか」とアプローチ。家族生活は今年8年目を迎える。
「恋せぬふたり」では取材協力として、意見をもらっている。
 

火丁さん【あかりさん】(30代) 
関東在住の会社員。29歳の時に「アロマンティック・アセクシュアル」を自認。同人誌で自分の体験談を発信中。
 

れいすいきさん(20代後半) 
男性。関東在住の会社員。3年ほど前に「アセクシュアル」を自認。
Twitter、noteなどで体験談を発信中。
 

トリさん(40代) 
関東在住の会社員。
5~6年ほど前に「アロマンティック・アセクシュアル」を自認。趣味はトルコ手芸のイーネオヤ。
 

藤彌葵実さん【ふじや・あみさん】(30歳) 
島根県の町役場勤務。ノンバイナリー(Aジェンダー)・アロマンティック・アセクシュアルのクエスチョニングとして、中山間地域で生活中。

※当ブログは参加者の皆さんに文面等、全て許可を得た上で掲載しております。

〇自認のきっかけ

なかけんさん…こんにちは!皆さん今日はよろしくお願いいたします!

早速ですが、皆さんの自認のきっかけについてお聞きしてよいでしょうか。例えば、「恋せぬふたり」第1回で、咲子が自分でインターネットを使って「恋愛 しない わからない おかしい」と調べるシーンとかが出てきます。私は、それこそインターネットで、2ちゃんねるの掲示板で、「アセクシュアル」という言葉を見つけたのがきっかけなんですけど、何か皆さんが見つけたきっかけとか、自認するに至った流れなどを聞かせてもらえたらうれしいなと思います。

なおさん…私は、ドラマのシーンのようにネットで検索して1ページ目に出てくる!みたいな年代ではなかったんですね。高校生くらいにネットで検索したことはあったんですけど、その時には出てこなくて。ちょうど10年前くらいかな、大学卒業するかしないかくらいの時に言葉を知りました。mixiのコミュニティで「恋愛って何ですか?」というたくさんの人が入ってるコミュニティがあったんです。その中の関連コミュニティのリンクに、「Aセクシャル」「ノンセクシャル」とか「アンセクシャル」っというのを見つけて。相手のことを大切に思う。けれど、決して恋愛感情って訳ではないとか。性的な欲求を他者に感じているわけではないとか。何かそういう説明が書いてあって。今の自分に合う言葉があるんだ、と思いました。だけどまだ自認はしきれなくて、その時は。「まだ運命の人に出会ってないだけだよ」「情緒がもう少し発達したら(分かる)」だの、「相手が悪かったんだよ」とまで言ってくる方もいて、自分の感覚を信じきれなくて、言葉は知ったけれど、保留にしてトライ&エラーを繰り返していました。

自認したのは今のパートナーと居るようになってからです。こんなに大切な相手だけど、でもやっぱり恋愛や性的な感情みたいなのを抱くわけではないから、どうしたって自分はアセクシュアルなんだなって思い知ったって感じなんですよね。それから、はっきり自認って感じでいます。

名前(アロマンティック・アセクシュアル)を知って救われた一方で、まだ、決めきれなくて保留の期間が5、6年くらいありました。できない自分が悪いんだ、って自分を大切にしてなかったので。自分が変われば、みたいな感じでいましたね。

トリさん…私は自認したのが結構、最近で5年ぐらい前だと思うんですよ。5・6年ぐらい前かな、え~それまではやっぱり何かこう、咲子みたいに普通の状態に紛れるような感じで、もう恋愛しなきゃいけないんだとか結婚しなきゃいけないんだとか。何かそういうのをずっと考えてたんですよ。

やっぱ20から30ぐらいのときは「結婚しなきゃ圧」がすごく強くて、前の職場なんかもう「結婚圧」がすごくて辞めています。それまでは、私、結婚しなきゃいけないのかなと思ったんですけど、ある日、そう言われ続けても、恋愛する気分にならないっていうのに気付いて。

本当に咲子と同じようにパソコンで調べたんです。「恋愛 分からない」みたいな感じで調べて。私は、劇中の咲子とは違って、ブログに辿りついて。「アセクシュアル」の方のブログだったんですけれども。結婚しないっていうか恋愛しないっていう人がいるんだよ。性的欲求を持たない人がいるんだよってことを見て、あっ私これかもしれないと思って自認に至りました。そのあと、本当に「ああ、私、恋愛とかそういうのは向いてない」っていうよりも「何かしないんだな、分かんないんだな」っていうので。

なかけんさん…前に行った調査とかでも「困難がありましたか」みたいな質問のところで職場での結婚の圧がすごい大変だったみたいな方は多くいらっしゃいました。なおさんもすごいうなずいてますね。

藤彌さん…私は何か違うなって思い始めたのは大学生ぐらいの時で。高校生の時とかは、まあオタクグループというか、恋愛をしないグループにいてあまり違和感はなかったんですけど。大学生になって、ライフプランを話すタイミングが増えて、「“いつ”結婚したい?」とか「“どんな”人がタイプ?」とか「子ども“何人”欲しい?」みたいな話をされるたびに、いつかは結婚する前提で、誰かはタイプじゃないと駄目なのかなって思って。恋愛感情ってすごい、感情の起伏が激しいじゃないですか、嫉妬とか。そういうのが嫌で、私は私に恋愛感情も持たない人としか結婚できないなと思っていて。「戸籍上異性で自分に恋愛感情を持たない」っていう条件で、ゲイカップルと偽装結婚したいって言ったりしてました。

就職してから、異性との距離感気を付けないと駄目だよとか、好意を持たれたりとか、気を持たせたって言われたりすることが多くて。就職して、2年目ぐらいのところで、帰り道に一緒にごはんを食べていた人から、「ちょっとこっち」みたいな身体的接触があって、「いや、そういうつもりじゃないんで」というと、その相手が、会社で、何か私の悪口を言ったのか知らないのですけど、空気が悪くなってて。接触自体じゃなくて、職場全体で何か関係が悪くなってるっていうのがすごい嫌で。

「セクハラだったら会社は対応するけど、そこが嫌じゃなければ人間関係のコミュニケーションの話だから。“異性”と2人でごはん食べに行くっていうことは“そういうこと”になるから、今後も気を持たせないように気を付けなさいね」っていうふうに言われてしまいました。そこから、恋愛感情を持つ他人と、持たない自分っていうのは、区別して考えないと、社会的な齟齬が生まれるんだなっていうふうに理解したので。何かそのタイミングまでは、アロマンティック・アセクシュアルとか言わないほうが、いわゆる“普通”にしてた方が、うまく社会で生きていけるんじゃないかというか、「アセクシュアル」とそんなに明確に自認してなかったんですけど、そういったトラブルを経て、私と他人は違うんだなって、齟齬があるってことを理解するためのツールとして積極的に自認をするようになりましたね。

なかけんさん…その分からない感じってすごい難しいですよね。咲子とかの、あのやり取りとかを見てても結構感想として多いのが、「なんでここで恋愛的な要素を勘づかないのかが分からない」みたいな。その気づかないところも含めて、伝わりづらいのかなと思いつつ何かそこがうまく伝わらないもどかしさみたいなのかがあります。

れいすいきさん…自分の場合は、大学までそういう意識とかはなくて、社会人になって会社に入ると、先輩から「彼女がいるのか」とか聞かれるような体質のところだったので、「あー何かやっぱりいないとおかしいのかな」みたいに感じて。で、今から2・3年ぐらい前に、ゲイの友達に、別にそんな恋愛とか興味ないんだよねーみたいな話をしたら「アセクシュアル」という単語を教えてもらって。ただ、存在を教えてもらっただけで、その人が何かくわしく知ってるわけではなかったので、自分で調べて、あるブログにたどり着きました。すごい詳しくいろんな参考文献を使って書いている方がいて、咲子のドラマのシーンであるような、「これ自分に当てはまる」と思った。その瞬間がきっかけになります。

なかけんさん…ご友人からだったんですね。

れいすいきさん…そうですね。よく、「女性が好きでないのであればゲイなんじゃないか」みたいな言われ方もして。何か自分の中ではそれも違うなとは思ったんですけど。自分の中で、ゲイだからその人と一緒にいれないみたいな考えもなく友達として話していて、教えてもらった感じですね

火丁(あかり)さん…まず私、高校とか大学とそれまでずっと、今もですけど人生で異性とお付き合いしたことが全くなくって。学生時代とかは、私もすごいアニメとか、漫画が大好きなヲタクだし、自分でも漫画とか書いてる人間なので、私の周りもオタクだし、恋愛とか全然なくてもヲタク、オタ活がめっちゃ楽しいみたいな感じでいたんです。けど、だんだん就職して、いきなり「まず結婚はしてるのか」とか、20代の若い子がおじさんの中に放り込まれると、「彼氏とかいるのか」とかそういうことが話しやすいと思われるのか、話題を振られたりとかして。あと、おせっかいなおばさんとかにある日、写真を見せられて。ちょっと会ってみない?みたいな感じで言われたりするのが、結構苦痛でした。そのときも自認前だったんで、まあしょうがないかっていう気持ちでどうしても断りきれなくて、1回会ったんです。職場の人のご友人に、男性を紹介されたんですけど、ちょっともう何か気持ち悪くて、パスタ屋さんで会ったんですけど、パスタの味が全然しないぐらい何かしんどかったのはよく覚えています。

自認したのが28とか9ぐらいの時なんですけど、自認の前にその「アセクシュアル」っていう単語を知ったのかなとかですね。2013年ごろのテレビ番組さんに出ていたゲストの方が、他者に恋愛感情を抱かない「アセクシュアル」いうのもあるんですよって、ポロっと言ったのが、「ちょっといま何いった」みたいな感じで。そこを録画していたんで、何回も聞いて「あっ、もしかして私はアセクシュアルじゃないのか」ってことでいろいろ調べていって、「あっなるほどね」ってすごくストンと落ちました。でも自認してすごく腑に落ちたんですけど、そのあとすごい絶望感にさいなまれたというか。他の人たちは結婚して子どもとかいて、よく友だちが親に孫の顔を見せてあげたいとか言ってて。それを聞くと、いろいろ思う自分もいて、でも私は「アセクシュアル」だから結婚もないし、子供をつくることもないから、「孫を見せてあげることはできないんだな」なんて思ったりすることもありますね。

後編へ続きます!

後編はこちら

よるドラ「恋せぬふたり」 総合 (月)よる10時45分<全8回>※本放送は終了しています NHKオンデマンドでも配信中

最終回「再放送」 4月1日(金)午前1時44分から <木曜深夜>

NHKオンデマンド