ニュース速報

「城下町・米沢〜上杉藩の遺産〜」

昭和44年、山形県米沢市を訪ねた「新日本紀行」が最新のデジタル技術で鮮やかな映像に。城下町米沢では、上杉藩時代からの伝統を守る暮らしが続けられていた。 あざやかな映像によみがえった新日本紀行と、その土地の今を伝えるミニ紀行をご覧いただく。昭和44年の新日本紀行では、上杉家の藩主や家臣の子孫が、かつての序列そのままに集い、武家屋敷の垣根や畑など、伝統に基づいた暮らしを続けていた。50年たった今も、家の垣根にはウコギが、屋敷畑にはジャガイモが植えられていた。5月には、春の大祭・米沢上杉まつりが盛大に行われ、藩祖・上杉謙信を敬う気風は連綿と続いている。