ニュース速報

    「ミニ列車の走る峡(たに)〜静岡県奥大井〜」

    初回放送日: 2020年11月15日

    最新のデジタル技術で「新日本紀行」が鮮やかに!今回は昭和48年放送の静岡県奥大井「ミニ列車の走る峡」。険しい峡谷をゆく鉄道と山奥に生きる行商の女性たちを描く。 鮮やかな映像によみがえった新日本紀行と、その土地の今を伝えるミニ紀行。昭和48年、新日本紀行で描いたのは、静岡県奥大井の険しい峡谷をゆくミニ列車と、列車に乗り込んで行商をしながら山奥の暮らしを支えるたくましい女性たち。今、そこを訪ねるとミニ列車は「南アルプスあぷとライン」の愛称で親しまれ観光客の人気を集めていた。そして地元の女性が運転士として車掌として大活躍。昔と変わらぬ女性の力強い人生があった。