ニュース速報

「白帆の湖(うみ)〜茨城県・北浦〜」

昭和55年、茨城県北浦を訪ねた「新日本紀行」が最新のデジタル技術で鮮やかな映像に。帆船で網を引く昔ながらのワカサギ漁に生きる漁民たちの姿を描く。 鮮やかな映像によみがえった新日本紀行と、その土地の今を伝えるミニ紀行。新日本紀行で茨城県北浦を訪ね、帆船で網を引く昔ながらのワカサギ漁を伝えた昭和55年当時。北浦には新しい時代を迎え、戸惑いながらも湖と共に生きる漁師たちの姿があった。それから約40年。漁師町だった白浜地区は対岸の鹿島臨海工業地帯で働く人が増え、ワカサギ漁を続けていのは、わずかに4人。湖に向き合う暮らしは大きく変わっていた。