ニュース速報

    「吉野美林〜奈良県・吉野〜」

    昭和46年に奈良県吉野を訪ねた「新日本紀行」が最新のデジタル技術で鮮やかな映像に。山深い村で、500年続く吉野杉の美林を守る人々の暮らしを描く。 鮮やかな映像によみがえった「新日本紀行」と、その土地の今を伝えるミニ紀行をご覧いただく。「新日本紀行」が放送された昭和46年当時、南北朝の歴史を秘めた山深い村では、500年にわたり美しい森を育てあげてきた人々の暮らしがあった。それから半世紀、建設中だった大滝ダムは完成し、村の中心はダム湖の上に新たに築かれていた。村の人々は、吉野杉の美林を守りながら、新しい形の林業経営に乗り出している。