「ヨコハマ・埋め立て・漁師町〜横浜市柴町〜」

初回放送日: 2023年1月14日

昭和55年、横浜市を訪ねた新日本紀行を再び!古くからの漁師町・柴町を舞台に周囲で埋め立てや宅地化が進む中でも力強く海に出るシャコ漁師の姿が描かれている。 新日本紀行から43年。横浜市・柴漁港を再訪した。現在、この港から漁に出る漁船は約60隻ほど。シャコは大幅に漁獲量が減り、タチウオやカレイが水揚げの中心になっている。柴漁港を拠点に名産のアナゴを捕る漁師・斎田芳之さんは幼魚を乱獲から守るため小さな穴のあいた筒を使って漁をしている。元気な海を次世代に受け継いで欲しいと、若手の漁師や小学生に、ふるさとの海の素晴らしさと資源保護の大切さを伝える毎日だ。