ニュース速報

    「震災遺構・請戸小学校 同級生が語り合う10年」

    初回放送日: 2021年10月8日

    福島県内初の震災遺構として今月一般公開される浪江町請戸小学校。10年前、校舎は津波で被害を受け、その後、原発事故で全町避難となったため、93人の子どもたちは、散り散りになった。それから10年、幼い頃を過ごしたかつての母校が残されることになった今、子どもたちは、故郷を、そして、故郷から離れて暮らした日々をどう振り返るのか。当時の1年生、5年生、6年生の3組の同級生たちが胸に秘めてきた思いを語り合う。