こころの時代ライブラリー

その言葉が道をひらく

共有

遠藤周作「深い河」をたどる 前編 日本人のキリスト教

初回放送日:2023年8月25日

2021年に放送した「こころの時代~宗教・人生~ 遠藤周作没後25年 遺作『深い河』をたどる 前編 日本人のキリスト教を求めて」を、再構成してお伝えします。 今年は遠藤周作生誕100年にあたります。遠藤が臨終に際し「自らの棺に入れてほしい」と願ったのが遺作『深い河』です。それは、彼が作家として終生追い求めた「宗教の本質とは何か」という最大のテーマへの最終回答となったとも言えます。2回シリーズ前編は、遠藤周作が『深い河』に込めた「日本人にとってのキリスト教」という主題をめぐってあらためて考えます。【出演】山根道公・若松英輔