ニュース速報

最新情報

  • 新シリーズ「瞑想でたどる仏教ー心と身体を観察する」が始まります!
    2021年04月06日
  • 3月28日から!「こころの時代」新オープニング
    2021年03月21日
  • 「100年のアトリエ」動画配信中
    2021年01月14日

これからのエピソード

最近放送したエピソード

  • Eテレ
    4月11日(日) 午前5:00 午前6:00

    『ゲド戦記』の翻訳で知られる清水眞砂子さん。子どもの本の持つ魅力を伝えてきた。いくつもの言葉に生かされてきた人生、児童文学に込められた祈りについて伺う。 児童文学の世界的名作『ゲド戦記』の翻訳で知られる清水眞砂子さん。子どもの本の魅力を伝えてきた。周囲になじめず深い悩みを抱えた思春期。“自分の影に目を向け、抱きしめること”の 大切さに気付かせてくれたのは、文学の言葉だった。大学の教員として、若者の“生きにくさ”とも向き合ってきた清水さん。“平和を生き延びる”ことの大切さ、児童文学に込められた人々の祈りについて伺う(初回放送2020年3月22日)

    4月17日(土)午後1:00ほか 放送予定へ
  • 4月4日(日) 午前5:00 午前6:00

    ミャンマーの医師・作家のマ・ティーダさんは軍事独裁に抵抗する民主化運動に立ち上がり、約6年間の独房生活を送った。支えとした獄中での瞑想(めいそう)や人生を聞く。 ミャンマーの医師・作家のマ・ティーダさんは、軍事独裁に抵抗する民主化運動に加わり、政治犯として逮捕され、約6年間の独房生活を送った。獄中での支えは1日20時間実践した瞑想(めいそう)だった。その体験は、本当の「自由」とは何か、仏教の「実践」とは何かを考える人生の転機となった。ロヒンギャ問題に揺れるミャンマーの民主化への道のりの中で考える問題と人生について伺う。【初回放送2018年1月28日】

この番組について

人生の壁にぶつかったとき、絶望の淵に立たされたとき、どう生きる道を見いだすのか。経済的合理性や科学的思考が判断基準となりがちな現代。それだけでは解決できない生老病死の問題に、いかに挑むのか。先人たちの知恵や体験に耳を傾け、考えていく番組です。

放送

  • Eテレ
    毎週日曜 午前5時

再放送

  • Eテレ
    毎週土曜 午後1時