ニュース速報

最新情報

  • シリーズ それでも生きる 旧約聖書「コヘレトの言葉」放送延期のお知らせ 小友聡さんからのメッセージ
    2020年05月20日
  • シリーズ「禅の知恵に学ぶ」が始まります。山川宗玄老師からのメッセージ
    2020年05月16日

最新のエピソード

Eテレ
7月12日(日) 午前5:00 午前6:00

長く困窮者支援を続けてきた牧師・奥田知志さんは、コロナ禍の中で、聖書の言葉に立ち返り、人間とは何か、そして孤立や分断をどう乗り越えるのか、人々に伝えてきた。 北九州市にある東八幡キリスト教会の牧師・奥田知志さんは、コロナ禍で直面する困難をどう乗り越えるのか、聖書の言葉に照らして考え語り続けている。人間の存在やいのちの意味、孤立や分断をどう乗り越えていけばよいか。30年にわたるホームレス支援の中で経験した、互いの傷をも引き受け、抱きあう関係とは。コロナ禍で経済危機も深まる今、共に生きる道はどこにあるのか、聖書から聞こえてくる希望のメッセージに耳を傾ける。

見逃し配信

次回のエピソード

  • Eテレ
    7月19日(日) 午前5:00 午前6:00

    禅の修行道場の日々を通して、禅の知恵を学ぶシリーズの第3回。僧堂での修行の中心、坐禅(ざぜん)と参禅についてお話いただく。坐禅が安楽の法門といわれるゆえんとは。 岐阜県美濃加茂市、禅の修行道場、正眼僧堂では150年余り、雲水たちが坐禅(ざぜん)修行を続けてきた。大接心と呼ばれる期間には1日15時間すわることも。深い坐禅ができれば、天地と同根、万物と一体という境地にも至るという。坐禅と共に行われる参禅では、雲水たちが師家から与えられる公案(問題)に取り組む。常識では解けない難問に挑むことは、自己の究明であると同時に人生の探究ともなる。坐禅・参禅が拓く世界とは

    7月19日ほか 放送予定へ

    見逃し配信

    • Eテレ
      7月12日(日) 午前5:00 午前6:00

      長く困窮者支援を続けてきた牧師・奥田知志さんは、コロナ禍の中で、聖書の言葉に立ち返り、人間とは何か、そして孤立や分断をどう乗り越えるのか、人々に伝えてきた。 北九州市にある東八幡キリスト教会の牧師・奥田知志さんは、コロナ禍で直面する困難をどう乗り越えるのか、聖書の言葉に照らして考え語り続けている。人間の存在やいのちの意味、孤立や分断をどう乗り越えていけばよいか。30年にわたるホームレス支援の中で経験した、互いの傷をも引き受け、抱きあう関係とは。コロナ禍で経済危機も深まる今、共に生きる道はどこにあるのか、聖書から聞こえてくる希望のメッセージに耳を傾ける。

    その他のこれまでのエピソード

    この番組について

    人生の壁にぶつかったとき、絶望の淵に立たされたとき、どう生きる道を見いだすのか。経済的合理性や科学的思考が判断基準となりがちな現代。それだけでは解決できない生老病死の問題に、いかに挑むのか。先人たちの知恵や体験に耳を傾け、考えていく番組です。

    放送

    • Eテレ
      毎週日曜 午前5時

    再放送

    • Eテレ
      毎週土曜 午後1時