ニュース速報

最新情報

  • シリーズ「禅の知恵に学ぶ」が始まります。山川宗玄老師からのメッセージ
    2020年07月20日
  • シリーズ「禅の知恵に学ぶ」山川宗玄老師からのメッセージ(その2)
    2020年07月20日
  • シリーズ それでも生きる 旧約聖書「コヘレトの言葉」放送延期のお知らせ 小友聡さんからのメッセージ
    2020年05月20日

最新のエピソード

Eテレ
9月13日(日) 午前5:00 午前6:00

日本人の母と韓国人の父を持つ田内基さん。韓国で孤児たちとともに育ち、日本で介護施設を運営する。国籍にとらわれず、違いを越えて共に生きることの素晴らしさを語る。 大阪で在日コリアンなどが利用する介護施設を運営する田内基さん。戦中・戦後、韓国で、約3000人の孤児を育てたという日本人の母と韓国人の父の間に生まれた。「自分は韓国人なのか?日本人なのか?」と自問自答してきたという。救いになったのは、孤児たちの存在だった。戸籍も、父母もいないがたくましく生きる彼らの背中に学んだ田内さん。互いに違う人間が、ともに生きることの素晴らしさを語ってもらう。

見逃し配信

次回のエピソード

  • Eテレ
    9月20日(日) 午前5:00 午前6:00

    禅の修行道場の日々を通して、禅の知恵を学ぶシリーズの第5回。僧堂での日常に欠かせない「食べる」ことにまつわる知恵を学ぶ。托鉢や台所での修行で見えてくるものとは。 岐阜県美濃加茂市にある禅の修行道場、正眼僧堂では、日々の食事のほとんどを、托鉢に頼っている。遠くは20キロ離れたところまで歩いて行き、一軒一軒喜捨を乞う。いただいたものを無駄なく調理するのが典座(てんぞ)という役割の雲水。食物のいのちが損なわれぬよう、一瞬を見逃さぬ修行が続く。質素な食事を作法にのっとって食べる。一見、堅苦しく感じる暮らしの中で実感することとは?食べるという事をあらためて考える。

    9月20日ほか 放送予定へ

見逃し配信

  • Eテレ
    9月13日(日) 午前5:00 午前6:00

    日本人の母と韓国人の父を持つ田内基さん。韓国で孤児たちとともに育ち、日本で介護施設を運営する。国籍にとらわれず、違いを越えて共に生きることの素晴らしさを語る。 大阪で在日コリアンなどが利用する介護施設を運営する田内基さん。戦中・戦後、韓国で、約3000人の孤児を育てたという日本人の母と韓国人の父の間に生まれた。「自分は韓国人なのか?日本人なのか?」と自問自答してきたという。救いになったのは、孤児たちの存在だった。戸籍も、父母もいないがたくましく生きる彼らの背中に学んだ田内さん。互いに違う人間が、ともに生きることの素晴らしさを語ってもらう。

その他のこれまでのエピソード

この番組について

人生の壁にぶつかったとき、絶望の淵に立たされたとき、どう生きる道を見いだすのか。経済的合理性や科学的思考が判断基準となりがちな現代。それだけでは解決できない生老病死の問題に、いかに挑むのか。先人たちの知恵や体験に耳を傾け、考えていく番組です。

放送

  • Eテレ
    毎週日曜 午前5時

再放送

  • Eテレ
    毎週土曜 午後1時