ニュース速報

    「“希望”の居場所を求めて〜信愛塾の42年」

    横浜市にある信愛塾は、40年以上、外国にルーツを持つ子どもたちの支援を行い、その居場所となってきた。センター長の竹川真理子さんにこれまでのあゆみとその思いを伺う 横浜市にある信愛塾は、外国にルーツを持つ子どもたちの居場所として、学習や生活の支援、子ども食堂などを行ってきた。センター長の竹川真理子さんは40年近く、信愛塾を訪れる子と親の人生に伴走している。自分の存在を肯定できない子、気持ちを伝えられず暴力に走る子、幾多の出会いを経て「子どもたちは希望」と語る竹川さんは、信愛塾が、誰もが自分でいられる場所となるよう力を尽くしてきた。その歩みを支えた思いを伺う。