ニュース速報

    選 私にとっての3.11 「福島を語る言葉を探して」

    福島県いわき市に暮らす安東量子さん。2019年に、原発事故から8年の日々を描いた『海を撃つ』を出版した。文章に込めた思い、福島の人々との交流で学んだことを伺う。 安東量子さんは福島県いわき市で田舎暮らしを楽しんできたが、福島第一原発事故で生活は一変した。一昨年、事故からの日々をつづった『海を撃つ』を出版、話題を呼んだ。その根底には、福島の人たちが直面してきた出来事や葛藤を“無かったことにされたくない”という思いがある。事故に直面して問い直した自らの生き方、福島で暮らす中で見つけた“立場の違う他者と生きていく上で大切なこと”を伺う(2019年11月初回放送)