アーカイブ 「人から人へ」

初回放送日: 2022年8月7日

戦後77年目の夏、いまだ世界で戦禍が止むことはない。この時代を私たちはいかに生きるのか。かつて語られた言葉に今あらためて耳を傾ける【初回放送2017年1月8日】 近藤紘子さんは、生後8か月の時に広島で被爆。父は教会の牧師として被爆者救済に生涯を捧げた人だった。近藤さんは父の傍らで、痛みを負った広島の人々やその救済に尽力したアメリカ人、原爆を落としたエノラ・ゲイの副操縦士など、様々な人と出会っていく。被爆者として逃れられない運命を背負いながら、自らの中にあった憎しみや痛みをどう乗り越えていったのか。伝えられた言葉から拓いていった平和への願い、その歩みとは。