ニュース速報

    選「ふたつをひとつに-ロボットと仏教-」

    日本のロボット工学草創期における第一人者・森政弘さん。その仕事を支えてきたのは仏教だという。仏教とは何か、そして人間とは何か、森さんに根源的な問いを伺う。 「ロボットを作るには人間を知らないといけない。人間の心を理解するために、仏教ほど深く考究したものはない」。日本のロボット工学草創期における第一人者・森政弘さんは40代から禅を学び、仏教研究に打ち込んできた。仏教の根本を貫くのは「相異なり対立する二つの概念を一つに融合させる心の働き」と言う。仏教とは何か、人間とは何か。インド哲学者の丸井浩さんが森さんに根源的な問いを投げかける。(2019年6月放送)