ニュース速報

    それでも生きる〜旧約聖書・コヘレトの言葉 (4)「幸せはどこにあるか」

    「コヘレトの言葉」を読み解くシリーズの第4回は、不正義や不条理がはびこる権力に対するコヘレトによる厳しい批判、現実の中で人がどう生きるべきか説く言葉に注目する。 コロナ禍の今、注目を集める旧約聖書の小編「コヘレトの言葉」。中には、人々を苦しめる腐敗した権力、社会にはびこる不正義や不条理にコヘレトが向けた厳しい視線が感じられる言葉が随所に登場する。しかし、いくら世を呪っても社会は容易には変わらない。厳しい現実の中で、人は否応なく生きてゆかざるを得ない。「見よ、虐げられる者の涙を」と説くコヘレトは、虐げられる者の側に立ち、いかに生きてゆくべきかを語りかける。