ニュース速報

    アーカイブス 「長き戦いの地で」

    昨年12月、アフガニスタンで銃撃され亡くなった医師の中村哲さんの19年前の言葉を、今あらためて聞く。中村さんは40年近く現地で医療援助や農地をよみがえらせる活動を続けてきた。アメリカ同時多発テロの直後、アフガニスタンへの空爆が始まった2001年には、空爆下の食糧支援を実施。長い内戦の傷を抱えてきた人々の現実、何があってもそこにとどまり続けることによって結ばれてきた、信頼による絆の意味を語る。