シリーズ「問われる宗教と“カルト”」VOL.2

    初回放送日: 2022年10月16日

    安倍元首相銃撃事件を機に問われる“カルト”そして宗教のありかた。宗教問題の現場・最前線で活動してきた研究者・宗教者6人が一堂に会し、シリーズで徹底討論する。 VOL.2では“カルト”問題で浮上した宗教そのものの現在地と問題点を考え、宗教とは何かについて徹底討論する。僧侶の釈徹宗氏が既存宗教集団の“劣化”を問題提起し、宗教と政治はどのような関係を持つべきかを軸に、批評家でカトリック信徒の若松英輔氏と牧師・川島堅二氏が宗教の本来のありかたを提言。宗教学者・小原克博氏と櫻井義秀氏は”宗教リテラシー”の可能性と必要性を論じる。後編の進行は宗教学者・島薗進氏。