「“ほんとう”を探して」

    初回放送日: 2022年2月13日

    小野和子さんは35歳から50年間、口から口へ語り継がれてきた民話を、語り手の人生とともに聞き記録する「採訪」を行ってきた。民話の秘める力に導かれてきた人生を伺う 小野和子さん、87歳。半世紀以上、東北の村々で昔話や言い伝えなどの「民話」を聞き歩いてきた。「昔話を聞かせて下さい」とこうて、思い出や生活の話にまで耳を傾けるうち、小野さんは民話には語り手一人ひとりの人生が映しだされていること、そして先祖の切実な現実と生きる知恵が蓄積されてきたことに気づく。1000本の録音テープに残された民話を織り交ぜながら、そこに潜む“ほんとう”に手をのばし続けた人生を伺う。