殉難者の祈り

初回放送日:2023年10月8日

北海道開拓の過酷な労働現場で亡くなった犠牲者を「殉難者」という。歴史の闇に葬られていた「殉難者」の存在に光を当てる人々の活動から、北海道の近代の本質を考える。 明治以降、北海道開拓における鉄道や道路の建設など、過酷な労働条件のもとで亡くなった犠牲者を「殉難者」という。長年その存在は公にされることがなかったが、1970年代から「殉難者」に光を当てようとする民衆史掘り起こし運動が始まった。その活動の中心を担った北見市の中川功さん、網走市の森亮一さん、深川市の殿平善彦さんにお話を伺うことで、「殉難者」の無念に思いをはせ、北海道における近代化の実相を考えていく。