ニュース速報

「水俣 いのちの海のただなかで」

建具職人の緒方正実さんと、叔父で漁師の緒方正人さん。不知火海の網元に生まれた2人の半生は水俣病と共にあった。苦難の先に生きる道を見出してきた2人の言葉を聞く。 建具職人の緒方正実さんと、叔父で漁師の緒方正人さん。不知火海の網元に生まれた2人の人生は水俣病と共にあった。正人さんは6歳で父の壮絶な死に直面、正実さんは胎児性患者の妹と育った。水俣病が「奇病」「伝染病」とされた時代。一族20人以上が水俣病におかされた緒方家は水俣病の象徴的な存在とされた。不条理な苦難を強いられながら、恨みや憎しみの先で生きる道を見出してきた2人に話を伺う(2020年4月初回放送)