ニュース速報
ランドセルの作り方
「カットンせんせーい!わたしランドセルを背負って学校行きたいなぁ」…。ダンボールの女の子、ダンコちゃんのこの一言から、家の中にあるダンボールがランドセルに大変身。

材料・原料

  • ダンボール(小)、ビニールタイ

道具

  • カッター、ハサミ、定規、千枚通し、接着剤(グルーガンでも可)、えんぴつ、 テープ

本体作り

本体を作る①

aを背負う人の背中の幅にあわせる。

背負う人の背中に合わせた幅のダンボールを使えば、元々の折り目を活かすことができる。

本体を作る②

両側と底の部分を立てるように折って、接着剤で固定する。

本体を作る③

一枚のダンボールbを切って上からかぶせる。この時、cの部分は広めにあけておく。

本体を作る④

両端を丸く切る。

ポケット作り

ダンボールdを切り出し、両端を折って箱の正面に貼り付ける。 細いダンボールeを切って底にする。

ふた作り①

① 本体をぐるっと包める大きさにダンボールを切り出す。

ふたを作る②

ふたの真ん中あたりに定規でたくさん折り目を付けてやわらかくする。

ふたを作る③

短い方が背中。長い方が正面。

ふたを作る④

ふたを本体の背中側に接着剤で貼る。

留め金を作る①

長さaの細長いダンボールを1枚(f)、同じ幅で3分の1弱の長さのダンボールを2枚(g)切り出し、gをfの両端に合わせて貼る。

留め金を作る②

fとgを本体の底に貼り付ける。

留め金を作る③

f、gと同じぐらいの幅のダンボール(h)を切り出し、ふたに貼る。このときhの端は上に折り曲げる。

留め金を作る④

fとgのすき間にhを通す。hの端の折り曲げた部分が留め金になる。

部品作り

ベルトを作る①

細長いダンボールを2枚切り出し、全体に折り目をつけて柔らかくする。

ベルトを作る②

表と裏にテープを貼って補強する。

ベルトを作る③

ベルトと本体をつなぐ。

ベルトを作る④

2つ穴をあけてビニールタイを使うと簡単につなげる。

お守りをつける

本体の側面に細長いダンボールを貼れば、オリジナルお守りもつけられる。