ニュース速報

    (155)

    明治45年(1912)7月、6年の月日が過ぎ、りん(斉藤由貴)と源造(渡辺謙)の長男・弘は中学3年生。長女・明子は小学6年生。おなかの中にいた次男・治は6歳。末っ子の春子は5歳になっていた。源造は運動用具店に加え、活動写真館も経営。りんは新聞記者に復帰していた。編集長だった津村(地井武男)は今は副社長。一方、福島県・二本松で弘次郎(小林稔侍)はコーヒー店を開いていた。