テーマ⑥ 子育て ~番組でご紹介した説法~

NHK
2022年1月7日 午後10:30 公開

お坊さんの説法には生きる知恵がたくさんつまっている。

ここでは、『子育てで我が子との向き合い方に悩んでいる』・・・

そんなときに聞くと心が楽になるような3人の説法をご紹介します。

【真言宗 小池陽人さんの説法】

子育ての悩み、これは本当に多くの方が抱えておられると思います。なぜ悩むのか、それは愛するからですよね。自分の子供を愛するから、ちゃんと育ってほしいとか、立派までいかないかもしれないけども、ちゃんと育ってほしいっていう思いを持つのは当たり前だと思います。でもそれがなかなか思い通りにいかないというのが、子育ての一番の苦しみなのかなと思います。私は子育てをするときに一番大切になるお釈迦様の教えがあると思っているんです。

お釈迦様は『四苦八苦』といいまして、生老病死、人生には避けては通れない苦しみがあるということに気付かれて出家されます。そして悟られた。その悟りの内容はなんだったかというと、その苦しみに対してどう向き合ったらいいか。こんな言葉を残されてます。

『一切皆苦』という言葉です。一切、全ての事柄、それらは皆、苦と書くんですが、これは苦しみという意味ではなくて、思い通りにならないという意味なんです。つまり、お釈迦様はわれわれの人生で思い通りになることは何一つありませんよ。思い通りにならないということを深く深く知っていく。これが大切なことなんですよというふうに説かれたわけです。

この一番、思い通りにならないというのが子育てだと思うんです。自分の思い通りにしてくれないですね、子供は。親の思ったとおりに育たない。でもそういうもんなんだ。子供は親の思い通りにならない。子供は親の所有物ではないということに立ち返って、ちょっと俯瞰して見る。これができたらいいんですけど、なかなかできないんですけれども、でもこの一切皆苦という教えを知っていると、少し気持ちが楽になれるんではないかなと思っております。

皆さんも子育てで悩まれたときには、このお釈迦様の言葉、一切皆苦という言葉を思い出していただけたらと思っております。

【融通念仏宗 関本和弘さんの説法】

小さなお子さまをお育ての方へ。

お子さまは、「イヤ!お母さん嫌い」「お父さん嫌い」と言いますでしょうか。そんなことを言われたらショックですよね。できれば「お母さん好き」「お父さん好き」と言ってほしい。けれど思い通りにならないのが子育てです。子供にとって一番怖いのは親に捨てられること。一度でも捨てられたことがある子供はイヤと言いません。いつもにこにこして、大好きを連発します。

とびっきりの笑顔をえびす顔と言うように最高の笑顔です。ですが、その笑顔は親に捨てられた悲しい子供の笑顔なんです。僕はいい子だから、絶対にいい子でいるからと必死で訴えかける笑顔なんです。そんな親に捨てられた子供はイヤと言いません。皆さんのお子さんがイヤと言えるのは安心しているからです。安心してイヤと言える信頼関係を築けているのです。

また、思春期や高校生のお子さまをお持ちの親御さんへ。

お子さまが生まれて初めてその手に抱っこされたときにどのように思われましたか。東大へ入れとか、医者になれとか、玉のこしを狙えとか、そう思われた方はまずいらっしゃらないでしょう。ただ幸せで健やかに育ってほしいと思われたのではないでしょうか。それがいつしか自分の思い通りにならないことにイラだつようになっていくのが子育てです。それはご自身の我欲です。ご自身ができなかったことや思い描くゴールをお子さまに背負わすのではなく、お子さまを信じて見守ってみてはいかがでしょうか。

【浄土真宗 武田正文さんの説法】

子育てに対する悩み、いろいろお持ちのことだろうと思います。子育てに限らず、家族や夫婦、恋人、身近な人であればあるほど、私たちの人間関係は難しいものになってまいります。というのも、目の前の人が幸せになってほしい、良くなればいいという願いが強ければ強いほど、私がなんとかしなければ、この子をどのように導いてあげればいいのかという思いが強くなってきて、うまくいかないときに自分を責めてしまう、相手を責めてしまう、といったことになるんではないでしょうか。

浄土真宗の宗祖、親鸞聖人は、僧侶の中で初めて正式にご結婚され、子どもさんと共に家庭生活を営まれた方でございます。その中にはいろいろなご苦労があったと聞いております。しかもその中で親子関係の問題もあったそうでございます。親鸞聖人の奥様は恵信尼さまという方。私たちは「目の前の家族のことを導いてあげなければ」という思いでいろいろ思い悩むんですが、親鸞聖人と恵信尼さまは、「目の前の家族が自分のことを導いてくれているんだ」と考えておられたようでございます。

親子関係も同じではないでしょうか。私たちが子供を導かなければと思うと、思い通りにいかずに苦しむ気持ちがどんどん大きくなるかもしれません。そうではなく、目の前の子供が私たちのことを導いてくれているのかもしれません。

『小欲知足 和顔愛語』というお言葉がございます。小欲知足というのは“欲を少なくして足るを知る”。

私たちが幸せに生きるために必要なものは身の回りに十分あるんだよ、それに気付いてくださいね。そして、和顔愛語、“和やかな顔と優しい言葉”。私たちができることは和顔愛語、ニコニコと優しい言葉をかけることが子どもさんにできる一番の教育ではないかと思わせていただきます。子どもの姿から私たちは導かれ、そして私たちも子どもたちにとって導ける存在、お互いにそうなれたら幸せなんではないでしょうか。