テーマ④ 忘れられない過去 番外編~番組でご紹介しきれなかった説法 part2~

NHK
2022年1月7日 午後10:30 公開

お坊さんの説法には生きる知恵がたくさんつまっている。

ここでは、『過去を忘れられなくて、振り切れないことにモヤモヤしたり、苦しんだりする』・・・

そんなときに聞くと心が楽になるような3人の説法をご紹介します。

【曹洞宗 篠原鋭一さんの説法】

私たちは、人生の渦中さまざまな苦悩に出合いますね。とりわけ過去の苦悩についてずっと悩み続ける。これごく当然なことだと思います。ただ、私、過去ということをちょっと取り上げてみますと、過去って必ずしも苦悩ばかりじゃないですね。楽しいこともいっぱいあったわけだから。私は常に、私自身もさまざまな苦悩を背負った時期はありましたけれども、やっぱり私たちっていうのはどうも苦悩も、それから幸せなことも、プラスマイナスすればどうやらゼロになるような気がするんです。

われわれ子供のころから、「過去」「現在」「未来」と教わり、学んできましたね。でも仏教的に言いますと、「過去」「未来」「現在」なんです。違ってますでしょ。「過去」「現在」「未来」ではなくて、『過去』『未来』『現在』、現在が最後に来ていますね。つまり私たちの人生っていうのは、いつでも確かなことは今なんですよ。私はいつも皆さんにお話しするんですけれども、今日が本番なんですよと。そして今が本番なんです。その下に、この一瞬こそが本番なんです。私たちは過去の今を足して足して、そして現在の今を足して足して、未来の今が来るわけですね。変化します。

つまり、私たちの人生というのは決まってないってことです。よく、運命は決まっているというお話がありますけども、運命は文字どおり命を運んでいくことであって決して決まっておりません。私は、過去の苦悩、それにずっと縛られて生きるのではなくて、今を生きる、今日を生きる。その生き方によって実は過去の苦悩も変化していく、変化させることができる。つまり、運命は変えることができる、過去も変えることができる。そして、明日が、明後日がというふうに未来へつながっていくんだ。そういうふうな思いで人生をぜひ皆さんに生きていただきたい。そして、どうか人生を生ききっていただきたい。お願いいたします。

【天台宗 露の団姫さんの説法】

忘れられない過去ってどんな人でもやっぱりあると思うんですね。私も実は大人になってから、「死ね」って言われたことがあるんです。もうそれがすごく腹立たしくて、悲しくて、また虚しくて、なんでそんなこと言われなあかんのやろって、もうすごくすごくそれにとらわれていた、そういう時間があったんです。もうそれは今から3年ぐらい前のことですけれども、今でもそれを思い出して、イライラしたり、嫌な気持ちになったりすることが実はあります。そんな忘れられない過去をどういうふうに自分の中で解決していったらいいのか。それは自分の気持ち、その記憶にとらわれていた時間を比較していくということだと思うんです。

私も言われたときは、もう翌日、ずっと何時間も悩んでいました。ところが1週間経ってみますと、悩んでいたのが30分ぐらいになってたんです。で、またこれが1カ月たちますと、1日に5分ぐらいですかね。思い出すには思い出していたんですけれども、時間が自分の中でどんどん減っていってたんですよね。どんどん減っているということは、いつか必ずこの思いにとらわれなくても済むような、そんな日が来るんじゃないかと希望的な観測が見えてきたんです。ですから、この過去というのは決して忘れることはできませんけれども、いつか必ず、この自分の気持ちをだんだんと楽にしてくれるはずですから、そんなにこの過去の思いにとらわれる必要はないと思います。

そして何より、いくら過去のことであっても、思い出して苦しい気持ちになっているのは今この瞬間です。そして未来へと続いてしまいます。ですから、過去の問題だと切り捨てずに、それを解決するチャンスがあれば、必ずその過去に向き合って、解決するような話し合いや謝罪、感謝など対処をしていくのがいいんじゃないかなと思います。

また、お釈迦様は、「自分に石を投げる人からは逃げなさい」とおっしゃっています。その場所に無理にいては自分自身が倒れてしまいます。自分が倒れてしまっては、相手をどうすることもできません。相手をいい方向に導くこともできませんので、まずは自分を攻撃する人からは逃げなさいと、こういうふうに言われているんです。ですから、忘れられない過去が人間に対するものでしたら、その人からは距離を置く。それが環境であるんでしたら、その環境から距離を置くということが自分の心と体を守るためにとても大切なことだと思います。

過去を忘れられないということは本当につらいことだと思いますが、それでも私たちは生きていかなければなりません。どうぞたくましく、皆さん、過去の記憶も自分の未来に変えていくような、そんな気持ちで生きていってほしいなと思っております。

【浄土真宗 武田正文さんの説法】

過去も未来もない。仏教の教えではそう説かれています。忘れられない過去というときには何を思い浮かべているでしょうか。きっといろいろなことを後悔したりとか、あのときにあの人はなんでこんなことを言ったんだろうか、いろんな思いを抱えておられるでしょう。同じように未来のことが心配になっている人もいると思います。これから先、大丈夫だろうか、未来の私はどう生きているんだろうか、心配する気持ちもあろうかと思います。しかし仏教では、過去の後悔も未来の心配も、実は、今、生きている私の心で起こっているんだよ、もっと言うと、過去のことも未来のことも私の妄想がつくり出しているんだよ、とらわれなくてもいいんだよと説いております。

手を合わせて南無阿弥陀仏と申しますは、『念仏』といいます。『念仏』の「念」という字は「今」という字に「心」という字を付けて「念」と書きます。今の私の心に集中する、過去や未来の妄想から今に帰ってくることを大切にしています。

念仏を申して今の自分に帰すとき意識していただきたいのは、合掌の姿勢でございます。この合掌の姿勢の中には、右手が正常な手、きれいな手、左手が不浄な手、汚い手という意味が込められております。自分の心、今までの体験の中に、良かったこと、うれしかったことや楽しかったこと、一方で、後悔することや悲しかったこと、つらかった経験、あろうかと思います。仏様の前でお参りをいたしますのは、右手だけでお参りするわけじゃないんです。うれしかったこともあれば悲しかったことや後悔することも引っくるめて、なんまんだぶつとお参りさせていただくんです。仏様は、私たちには、このうれしかった経験も悲しかった経験も引っくるめてあなたですよ、それを丸ごと救ってあげますよという思いが阿弥陀如来の願いになってまいります。

忘れられない過去にとらわれて思い悩んでいる自分に嫌悪感を抱くのではなく、その過去も引っくるめて今の自分であるということを受け止めていただきたいと思います。悪い部分をなくせというわけではなく、悪い部分も引っくるめて私たちを見守ってくださっているのが仏様でございます。