(3)

    道雄(竹本孝之)も茂(長江健次)も手塚先生に見てもらう作品の完成に没頭した。君江(冨士真奈美)も、茂の母の民子(天地聡子)も2人が好きな道に進んでくれればいいと見守っていた。上京の前日、作品は完成した。翌日、夜行で上京する2人を見送る君江たち。そこへ涼子(会沢朋子)がやってきて、道雄に手作りの蒸しパンを渡す。車中で、道雄は、蒸しパンをかみしめながら、この日のことは一生忘れられないと思うのだった。