ニュース速報

「足もとに咲く 草履」

日本の暮らしと共に発達してきた「草履」。多様な素材と鼻緒の組み合わせで無限のデザイン。▽ロバート・キャンベルさんが「生きた伝統」と語る草履の魅力。▽この道60年・職人兄弟が技を駆使し生み出した最高の履き心地とは。▽明治時代から続く京都の履物店こだわりの鼻緒、意匠と機能を兼ね備えた鼻緒作りの秘密に迫る。▽相撲の行司が履く畳表(たたみおもて)の草履。稲わらを編んだ貴重な一足が登場!<File516>