【MTK新曲 スカパラ×てれび戦士】詞を大公開!

NHK
2022年12月20日 午後5:35 公開

てれび戦士が音楽パフォーマンスにチャレンジする企画(きかく)「MTK」。

今回はショウタ、ソニア、レイ、マウナ、ミオ、ハルト、メイの7人が

東京スカパラダイスオーケストラのみなさんと一緒に、曲作りと楽器演奏にチャレンジしています!

歌詞を決める前に、てれび戦士たちには、その元となる「詞」を書いてもらいました。

曲のテーマ「7人いるから虹色(にじいろ)」から、どんな言葉がうまれたのか。

番組では紹介しきれなかった7人の力作を、すべてお見せします!

<ソニア>

ソニアは、今回いっしょに演奏するてれび戦士のことを思って、詞を考えました。

「友情のあかしのブレスレット」は実際にてれび戦士がおそろいで持っているものなんだって。

<ハルト>

ハルトは、以前つらいことがあったときに、家族や友達がそばにいてくれて

すごくありがたかったんだって。

そのときのことを思い出して言葉にしました。

<マウナ>

コロナ禍(か)でいろんなことをガマンしてきたみんなに向けての詞。

マウナは、みんなが「虹」のように明るくなればという思いを込めました。

<ミオ>

ミオは虹を見たときのうれしい気持ちを詞にこめました。

こだわりは「○○色」という言葉を7種類入れたこと。

詞の中で7色そろったから、最後に「虹を作ろう」ということばをもってきたそうです。

<メイ>

メイが大事にしたのは「十人十色」という言葉。

家で勉強しているときに本で見つけたんだって。

この四字熟語がテーマにぴったりだと思って、詞に取り入れたそうです。

<レイ>

レイはいつも一緒にいる友達へ、感謝の思いを込めて詞を書きました。

「君」という言葉をくり返すことにこだわったんだって。

<ショウタ>

みんなを笑顔にしたいというショウタ。

そのための「さくせん」がボクからキミへ伝わり、世界に広がっていくようすを書きました。

7人が書いた詞をもとにスカパラの谷中さんが歌詞を作ります。

完成した曲は1月の放送で発表!

いったいどんな歌詞になるのか、楽しみですね!