「熊に魅せられた男 最接近の記録」

野生のクマを50cmの至近距離で観察する研究者ビットナーに同行。アラスカの大自然を背景に、クマの知られざる生態とともに研究者とのユニークな関係を描く。 スイスの研究者ビットナーは、毎年アラスカに足を運び、野生のグリズリー(ヒグマの一種)を至近距離で観察している。自分から近づくことはせず、グリズリーたちが好奇心から近づいて来るのを待つやり方で、襲われることがなく観察できるという。ひと夏の間、ビットナーに同行。ボスのグリズリーと若いオスの衝突、メスの子育て、交尾するカップルなどの珍しい行動を映像にとらえた。原題:BEAR-LIKE/スイス・2021年