「寄り添って輝く〜デンマーク 幸せの認知症ケア〜」

デンマークの老人ホーム、ダウマスミネでは、スキンシップや会話など、薬に極力頼らない「ケアトリートメント」が実践されている。注目が高まる「思いやり」治療の記録。 デンマークの首都コペンハーゲンから北へ50キロ。老人ホーム、ダウマスミネには認知症などを患う老人たちが暮らす。この施設で実践されている治療は「思いやり」。スキンシップや会話、アイコンタクトなど、薬に極力頼らない「ケアトリートメント」が中心だ。この施設にカメラを据え、個性あふれるダウマスミネの居住者たちと看護師たちの日常を記録。原題:It is not over yet/デンマーク・独 2021