「ジーンズが語るアメリカ史」

ジーンズの歴史からアメリカが見えてくる。西部開拓、公民権運動、女性の社会進出、ヒッピーやロックの文化を経て、世界中で愛されるようになったデニムの変遷をたどる。 かつて奴隷の作業着に使われていた丈夫な生地「デニム」。この生地で作られたズボンが、1870年代に馬具に使うリベットで補強され今のジーンズが誕生した。その後大量生産が開始され、カウボーイ文化、カウンターカルチャーなどアメリカ社会を反映しながら変化を遂げ、世代を問わず愛される衣服となった。ジーンズを通じて見るアメリカ文化史。原題:RIVETED:THE HISTORY OF JEANS/米・2022年