ニュース速報

「ノートルダム 火災からの再生」

ノートルダム大聖堂の火災から1年。現場では、被害の検証や建築物の保全、再建計画が進む。現場の最新映像とともに再建の現状とそれにまつわる意外なエピソードを紹介。 現在のノートルダム大聖堂では、崩壊を防ぐための補強が施され、焼け落ちた建材は山積みの状態となっている。一方でノートルダムを象徴するバラ窓のステンドグラスや母子像は奇跡的に残り、崩れた尖塔の周りの聖人像は、偶然別の場所に保管されていた。火災前の貴重な映像も交え、大聖堂の保全・再建プロジェクトの現状を伝える。原題:The Renaissance of Notre-Dame (フランス 2019年)