ニュース速報

    「見えざる病原体」

    エボラ出血熱、ジカ熱、インフルエンザ…世界的な感染爆発の危機が迫っている。現場での壮絶な体験談と最先端の治療研究を各国に追う。パンデミックは防げるか? エボラウイルスはアフリカの森林破壊ですみかを追われたコウモリが媒介し、ジカ熱はサッカー大会を機にアジア太平洋の島国からブラジルへ持ち込まれた。政治不信は当局の感染拡大への対策が空転するリスクを高め、SNSで拡散するニセ情報が混乱を拡大させると専門家は指摘する。「outbreak(発生)は防げないがpandemic(感染爆発)は工夫次第で抑止可能だ」そんな希望を抱いて最前線に立つ医師や研究者らを追う