ニュース速報

    命の輝き「アフリカ大サバンナカバたちの楽園」

    アフリカ、ウガンダのサバンナにカバの楽園がある。一帯に暮らすカバは総数5000頭。カバは時に優しく、時に厳しい素顔を見せる。子育ての際、母親は赤ちゃんを水面でおんぶしたり、水中で授乳したり、7年間かけて大切に育てる。一方、オス同士は口を大きく開けて威嚇したり、巨体で押さえ込んだり、縄張りをめぐって激しく争う。カバは昼は水中にいることが多いが、夜は次々と上陸し、草を食べるために遠くの草原に出かける。