選 東欧の秘境 タラ渓谷 断崖に野生を見た

ヨーロッパ南東部のバルカン半島に、“東欧のグランドキャニオン”と呼ばれる渓谷がある。旧ユーゴスラビア、モンテネグロにあるタラ渓谷だ。高度差は最大で1300メートル。人を寄せ付けないその急しゅんな渓谷と周辺には、生きものたちの独自の営みが見られる。岩場ではカモシカの仲間・シャモアの群れが躍動し、それを狙ってイヌワシが悠然と空を舞う。シャモアの生態を中心に、東欧・タラ渓谷の知られざる素顔に迫る。

  • 番組情報
  • その他の情報
  • 詳細記事