ニュース速報

    「北海道 霧の岬にラッコが集う」

    今、北海道東部の霧多布岬にラッコが住みつき、大きな話題となっている。毛皮目当ての乱獲で戦前には絶滅状態になっていたが、数年前から複数が定住するようになり、今では子育てする姿が普通に見られるようになっているという。番組では、春に子どもを産んだメスに密着。甲斐甲斐しい子育ての様子や、かわいい赤ちゃんが一人前のラッコに成長していく姿をとらえた。なぜラッコは復活したのか?親子の暮らしを追い、その謎に迫る。