ニュース速報

    命の輝き「世界遺産 知床 命あふれるコンブの楽園」

    世界自然遺産、知床。2月から3月にかけて、オホーツク海のはるか北から流氷が押し寄せる。北半球で最も南までくる知床の流氷は、砕けやすく激しく動くのが特徴。流氷が沿岸の岩場の海藻を削り取り、それが元で日本有数のコンブの森を作るのだ。そこは、深海からやってくる魚の稚魚のすみかとなり、食べものをもたらすなど、恵みあふれるゆりかごとなる。流氷が支える海の生きものたちの壮大なドラマを描く。