ニュース速報

「宇宙誕生から“1秒間”の謎に挑む ニュートリノ科学の大実験」

初回放送日: 2021年8月1日

宇宙はどのように誕生したのか?そんな究極の問いに挑む実験が日本で行われている。茨城にある世界トップクラスの加速器で素粒子ニュートリノを人工的に作り出し、300km離れた岐阜の「スーパーカミオカンデ」で観測するもの。挑むのは宇宙誕生から1秒間の世界。理論的にはこのとき生まれる物質は「反物質」と衝突して全て消えてしまうはずなのに、物質でできた我々は存在している。この大きな謎の解明を目指す大実験に迫る。