ニュース速報

「古賀稔彦(柔道選手)」

初回放送日: 2022年1月15日

去年3月に亡くなった古賀稔彦さん。バルセロナオリンピックで金メダルを獲得するなどオリンピック3大会出場。鮮やかな背負い投げを持ち味に「平成の三四郎」と呼ばれた。 古賀さんは昭和42年福岡県生まれ。中学時代から柔道の私塾「講道学舎」に入り、切れ味鋭い一本背負いを武器に早くから頭角を現した。日本体育大学に進学し、20歳でソウルオリンピックに出場するが3回戦敗退。4年後のバルセロナオリンピックでは、大会直前に大けがを負いながらも金メダルを獲得した。32歳で現役を引退、全日本女子のコーチとして後進の育成に努めたほか、全国各地で柔道教室を開いて普及活動にも尽力した。