シリーズ インクルーシブ教育 (1)「ともに学ぶ」ために大切なこと

NHK
2023年10月31日 午後0:15 公開

インクルーシブ教育。「障害があってもなくても、すべての子どもがともに学び合う」とはどういうことか、大阪のある小学校から考えてみる!第1弾!

<番組の内容>

▶︎「ともに学ぶ」ために大切なこと

▶︎大阪・豊中の小学校のインクルーシブ教育

▶︎みんなが楽しい学校にするためには何が大切?

▶︎ 豊中の小学校 保護者の本音

<出演者>

赤江 珠緒さん(フリーアナウンサー)

津田 愛土さん(小学5年生/視覚障害)

津田 美穂子さん(愛土さんの母)

佐藤 貴宣さん(大阪大学招聘研究員/視覚障害)

レモンさん(番組MC)

玉木幸則(番組ご意見番)

あずみん(番組コメンテーター)

「ともに学ぶ」ために大切なこと

<VTR>

インクルーシブ教育。障害があってもなくても、すべての子どもがともに学び合う。そんな教育を50年前から実践してきた町がある。大阪・豊中市の小学校。

男子「椿おはよう~」

先生「笑ってるやん、おはよう椿」

女子「はるかカメラカメラ!」

男子「はるかピース!はるかピース!」

男子「いえーい」

目の見えない子ども、ダウン症の子ども、医療的なケアの必要な子ども、み~んな、一緒。

男子「ボス! ボス!」

男子「あなたが主役ですよ」

男子「普通の友だちや」

男子「仲間や普通やん」

愛土「みんなとやっていなかったら完全に終わり、小学校人生

シリーズ・インクルーシブ教育。どうすれば多様な子どもたちがともに学べるのか、みんなで考える!

<スタジオ>

レモン:イエーイ! バリバラ! バリバラ! We areシンセキのテレビの前のあなた! 今日と来週2回にわたって、これ参加してくださいね! シリーズで! インクルーシブ教育について考えていきます。

ゲストにはフリーアナウンサー、赤江珠緒さんに来ていただきました!

赤江:よろしくお願いします!お邪魔しまーす!

レモン:珠緒さん、お子さんがいらっしゃるんですね?

赤江:そうなんです。来年の春に小学校1年生になるので、小学校興味津々ですね。

レモン:珠緒さんは、ご自身の子ども時代、障害のある子どもさんと一緒に学校おったことある?

赤江:小学校の時に、2人女の子が、知的障害のある女の子と一緒になったことが。今でもやっぱり名前覚えてるし。でも介助が必要とか何かそういう感じのお子さんとは一緒になったことないんで。同じ教室にそういう子がいたら、どういう世界になるんやろなっていうのは、想像したことがなかったですね。

障害があってもなくても、すべての子どもがともに学び合う教育、インクルーシブ教育。

2006年、国連で採択された障害者権利条約で、世界がこの教育に取り組むことを宣言。日本も2014年に批准している。

ところが去年9月、国連は、日本がインクルーシブ教育を推進できていないとして勧告を出した。

今の日本では、普通学校と特別支援学校があって、さらに、普通学校の中に、通常学級と特別支援学級がある。障害のある子どもたちは、特別支援学校や特別支援学級にいることが多く、国連はこうした状況を問題視した。

レモン:これ政府はどう言ってるんですか?

あずみん:はい。政府も日本は「インクルーシブ教育システム」を採用しているという立場です。

レモン:システム?

あずみん:同じ場でともに学ぶことを追求するのだけれども、個別の教育的ニーズのある子どもに対しては、多様な仕組みが必要と言っています。

レモン:玉木さんこれ、どうなってんの?

玉木:障害者権利条約で目指すべきとされるのは、インクルーシブ教育は、そもそも誰もが同じ学校で、誰もが同じ教室の中で、そんなかで、多様な学び方を保障されていくっていうのが、インクルーシブ教育やねん。

レモン:いや。

玉木:違うやろ? ぜんぜん。障害のあるないだけで分けるっていうのが、おかしくないですかー?っていう話。

あずみん:確かに。

レモン:これはテレビを見てくださってる、あなたも考えてほしいなと思いますが、実は、大阪に50年前から、半世紀前から同じ学校、同じ教室でともに学ぶ教育を追求し続けてきた町があるんです。どんな学校になっているんでしょうか?

大阪・豊中の小学校のインクルーシブ教育

<VTR>

大阪・豊中市にある、南桜塚小学校。教室をのぞいてみると…障害のある子もない子も同じクラスで学んでいる。

光祐(5年生 ダウン症)「もっと掃除頑張る」

男子「掃除やる?」

勉強以外もいっしょ。体育の時間も工夫しながら参加する。

先生「よーい、ピー」

男子「はやっ!」

先生「前川さん13.2秒!」

男子「はやっ椿、ギネスちゃん? すごい」

子どもたち「ピース!いえーい」

この学校では、支援学級に在籍している49人全てが、登校から下校までみんなと一緒に過ごしている。

子どもたちのそばには…サポートするたくさんの大人の姿が。

医療的なケアの必要な子どもには、看護師がチューブで栄養補給。

通訳「1、2、3」

外国をルーツに持つ子どもには、通訳がつく。

先生「よーいスタート」

津田愛土さん。5年生。視覚障害がある。

計算テストでは、点訳された問題を読み、点字用のタイプライターを使って答えを打っていく。

こうした教材は、支援学級の先生を中心に準備している。専用ソフトを使って点字に訳していく。

図工の時間。愛土さんは、大好きなハムスターの絵を描きたいのだけれど…

愛土「2匹入ればいいから」

支援学級の先生「じゃあハムスターの形を書きますね」

愛土「はい」

支援学級の先生が絵を描き、輪郭に沿ってテープを貼った。テープに触れて、形を確かめることで絵を描くことができる。

こうした支援をすることで、みんなと一緒に授業を受けられる。

中田先生「同年代の子どもたちとともに過ごすことで、そこでしかなしえない経験とか関係性を築いていく。地域の学校としての役割でもあるのかなとは思います」

愛土「トゥーランのバッテリーの電圧は18…」

愛土「大本さん、すぐにシエンタが必要な用事ある?」

男子「いや、ないよ」

愛土さんは、友だちと、車やお笑いの話をするのが大好き。

男子「ボス!」

男子「ボス!」

男子「あなたが主役ですよここの」

女子「あなたはつくしに行くんじゃないの」

女子「自分の思ってることとかもいっぱい話してくれるから」

男子「普通の友だちや、仲間、友だちや、普通やん」

愛土「みんなと授業できないんだからもう楽しいことなくなるじゃん。みんなとやってるから算数もまだいいかなって。みんなとやってなかったら完全に終わり。あいくんとして、小学校人生」

この学校のキャッチコピーは「ゆるい学校」。

校長室は子どもたちに開放され、人気の癒やしスポットになっている。

男子「こんにちはこんにちは」

校長先生「つむりくん(かたつむり)にごはんあげてくれる?」

男子「おれもやる!」

校長先生が冷蔵庫から取り出したのは、かたつむりのエサ!

男子「食べるぞいただき!」

校長先生「ちょっと食べても良いけど、そこ(かたつむりのいる虫かごに)入れて」 

男子「やだ」

校長先生「自分が食べたらアカンやん!」

教室にいるのが苦手でも、学校に居場所がある。どんな子どもも、安心して通える学校を目指している。

校長先生「しんどかったら来れる場所、うれしかっても来れる場所。何か話したかったらここに行ったら話できるよっていう。そんな場所が学校にいくつかあったら、それは子どもたちにとって今日学校に行くのが楽しみなんだって、そんな学校になれるんちゃうかなって」

みんなが楽しい学校にするためには、何が大切?

<スタジオ>

赤江:めっちゃ明るくないですか?学校中がものすごい明るくて。

レモン:そうよね。

赤江:うん。あんな校長室見たことないっていうか。

レモン:俺もない。

赤江:楽しそうーってほんとに。

レモン:校長室ってちょっと敷居が高いイメージが俺らの時代はあった。

レモン:スタジオにはVTRに出ていただきました津田愛土さん、そしてお母さんの美穂子さんに来ていただきました!

美穂子:よろしくお願いします。愛くーん?

愛土:よろしくお願いしまーす。

美穂子:お願いしまーす。

レモン:愛くんって呼んでいい?

愛土:うん。

レモン:いい?

愛土:むしろ、愛くんじゃないと、返事できひんことのほうが多いと思う。

レモン:ちょっと聞きたいです、愛くん。

愛土:はい。

レモン:学校楽しいですか?

愛土:はい。

レモン:どういうところが?

愛土:図工とかがあることかな。

レモン:図工?物作るの好きなんや。

愛土:はい。

レモン:図工って具体的にどんなん作ってる時が好きなん?

愛土:ハムスターの絵とかかな。特に動物の絵、動物とか車の絵描くときかな。

レモン:クリエーターやな。

赤江:みんな学校楽しいって言ってくれるの、親としては一番うれしいですよね。

レモン:今日は、スタジオに大阪大学でインクルーシブ教育を研究している、佐藤貴宣さんにも来ていただきました。佐藤さんは南桜塚小学校のスクールサポーターとして同じく全盲の愛くんのサポートもされています!ろしくお願いしまーす。VTRを見てね、教室に担任の先生だけじゃなくて、大人がいっぱいいるのにはまずびっくりでした。これどういうことでしょう?

佐藤:支援学級の教員とかも含めて、担任ひとりで授業するというよりは、複数の教員がチームを組んで授業をするようなそういう取り組み、そういうような授業運営あるいはクラス運営スタイルが一般的、特に豊中ではって感じてます。

レモン:とにかくともに学ぶためには、このニーズに合わせた、いわゆるこれが合理的配慮とか言われているわけですよね?

佐藤:そうですね。そういう原則として普通学級の中でみんな一緒に暮らせるためにやる配慮ですよね。

一方で、いろんな子どもが一緒にいれば、いろんなことが起きる。実は、あずみんが小学生のころ、こんな出来事があった。

あずみん:走ってみんなと同じスピードで走るって車いすじゃなかなか無理やから、友達が押してくれて同じようなスピードで、わーってこう鬼ごっこできたの楽しかったんやけど、曲がり角でね、こけちゃって。それ以来、先生が、よっちゃん(あずみん)の車いす押すの禁止って。

レモン:禁止にした。ゼロか100みたいな。

あずみん:うん。なっちゃって。だから禁止っていうか、先生がいないところで押すのはダメみたいなふうになっちゃって。

赤江:あぁ。

あずみん:しかも、走らないっていうルールもついちゃって、面白くなくなっちゃったんやけど。

佐藤:いろんな子がいれば、もちろんいろんな事件が起こってくるので、私、キーワードになるなと思うのは、不確実性っていうことだと思うんですね。そこのコンセンサスがないと、危ないから「排除しておきましょう」「だって危ないじゃん、車いす出るのダメだよね」ってことで、活動をどんどん制限していく方向にしかならないんですよね。不確実性を許容するっていうのはそういうことだと思うんですよね。

レモン:とはいえ、障害のある子どもを学校に送り出すにあたって、親御さんの中にはやっぱり悩む人もおられるっていうのは、レモンさんも直接聞いたりしております。そこで南桜塚小学校に子どもを通わせてらっしゃるご家族の皆さんの声も、取材してまいりました。

豊中の小学校、保護者の本音

<VTR>

番組スタッフ「こんにちは~。おじゃましまーす」

4年生の前川椿さん。ウエスト症候群という難病で、自力で立つことができない。

8人きょうだいの3女。大勢の家族に囲まれて育った。

佑美「こちょこちょされてる」

椿さんの兄「むりやり笑わせてやる!」

母の佑美さん。豊中で育ち、障害のある子とともに学んだ。椿さんも地元の友達と育ってほしいと、地域の小学校を希望した。

佑美「支援(学校)に行くと大人の声しか聞こえないことが多い。見学させてもらっているときも先生とその子で「こーだね、こーだね」みたいな。やっぱり子どもの時は今しかないので、同じ年の子と関わりを持つのが大事だなーと思って、地域の学校に」

医療的なケアの必要な椿さん。佑美さんは入学前から豊中市や学校と話し合いを重ねてきた。その結果、教育委員会の手配で看護師が学校に派遣されることになった。

支援員「椿ちゃんお先いただきま~す」

クラスメイトたち「どうぞ召し上がれ~」

佑美「お友だちが手を触ってくれたりとか「ねえねえ」ってやってくれてる、スキンシップ取ってるときのほうがぜんぜん笑顔が違うので、一員ていうところですね、クラスの。それが一番うれしいよね。別じゃないよっていう」

一方で、地域の学校に行かせてよかったのか、悩んでいた保護者もいる。

5年生の市原光祐さん。ダウン症で、知的障害がある。

入学当初、母の佐和子さんは、周りの子どもとの関わりを心配していた。

佐和子「本当にこっちの地元の小学校に来てよかったんだろうか。すごく迷惑かけてばっかり。(支援学校は)先生もたくさんいらっしゃるので、先生の目がたくさんあるだけ、まだちょっとそういう行動も減るのかなと思って。それだったらやっぱりまだ支援学校のほうがよかったのかなっていう」

この日は、運動会に向けたリレーの練習。

先生「よーい、ピー」

先生「こうちゃん、前見て前見て前見て!」

光祐さん、ルールが分からないのか、走るのをやめてしまった。

どうすれば光祐さんが走りやすいのか。みんなで話し合うことに。

男子「こうちゃんに付き添いが二人おって旗持って見せる」

女子「見せる係もいる」

男子「裏にばいきんまんで、表にアンパンマンで、周りにドキンちゃんとか」

光祐「ばいきんまん!」

描いたのは、光祐さんの好きなキャラクター。それに向かって走ってもらうことにした。

ディレクター「こうちゃんって5年2組にとってどんな存在?」

女子「かわいい存在」

女子「おもしろい」

男子「仲間のふれあいがあるんだなって気づかせてもらう感じ?」

♪「どっこいしょーどっこいしょ、ソーランソーラン…」

一方、愛土さんのクラスでは運動会で踊るソーラン節を練習していた。でも…

クラスメイトたち「OK、OK、OK…あー!」

愛土「運動神経が鈍すぎてこうなんねん」

先生「とりあえず津田さんどう?いまの感じで進めていっていい?」

愛土「今の、このままいくとついていけない気がするんですよね」

目の見えない愛土さんと一緒に練習する方法を、みんなで話し合う。

男子「俺らは目が見えるから、実行委員さんの動画とか見たら分かるけど、愛くんはそれが分からんから、自分が目が見えへんかったらどうするかを考えながらやったほうがいいんじゃないかなと思います」

男子「愛くん、休み時間とかも練習できる?」

愛土「うん、たぶん。いけないときもあるかも」

男子「みんながんばろ~、オー」

実際にアイマスクをつけて、愛土さんの見え方を体験!

男子「愛くん、網、網、網!」

運動会当日まで、試行錯誤が続いた。

運動会、当日。各クラス、工夫をこらして競技にのぞんだ。

ソーラン節本番に向け、愛土さんは?

愛土「いけそうな気がする。詳しくは今日見てもらったら分かるけど、昨日の3,4時間目までの愛くんとは違うから」

そして、本番。

子どもたち「ハー! ソーランソーラン…どっこいしょーどっこいしょ…ヤー!」

愛土さん、どうだった?

一方、光祐さんは?

先生「よーい、ピー」

クラスメイトが描いた絵に向かって、全力で走った。

母の佐和子さんは? 

佐和子「お友だちが一緒に走ってくれたので、最後まで走れてよかったです。すごく不安だった、お友達との関わり。どうしたらお友達と仲よくやっていけるのかっていうのを、お友達が少しずつ光祐に慣れてもらって、お友達が解決してくれているので、その良さが五年間積み重なっていったなと思います」

<スタジオ>

レモン:すごい運動会やったなー。

赤江:すごーい。

あずみん:愛くん、ソーラン節はどうやった?

愛土:構えが出来たから良かった。

レモン:どんな構え?

愛土:構えで。

レモン:おー! そこまで下げれんねや!

あずみん:すごい!

愛土:でも今まではそれすると、これした途端に、前にぶっ倒れてたんやけど。

レモン:そうや、バランス取りにくいやんな。

愛土:バランス取れんくて、前にどーんって倒れてたけど、それがなかったから良かった。

レモン:すごいな。愛くん、みんなで一緒にやりたいねんって言われても、ありがた迷惑やったん?最初。

愛土:うん。

あずみん・赤江:あはははははは。

レモン:なんで?

愛土:うまく踊られへん人がいたら、せっかくみんなちゃんとしてんのに、そのせいでダサくなっちゃうかなと思ったりして。

レモン:優しいこと言うけど?

玉木:気遣ってるんやな。

レモン:気遣ったんや。

赤江:そうかー。

あずみん:めっちゃ分かるで、その気持ち。

レモン:そやけど、友達も「お前の気持ちも分かるで、けど俺らは一緒に踊りたいねん」って言われたときはどう思ったん?

愛土:そうか、こうなれば練習するべきか、ってなった。

レモン:最終的に踊りきったやんか、本番で。

愛土:うん。

レモン:どんな気持ちやった?

愛土:普通にいけるんやって感じ。

レモン:あー。

愛土:逆に、過去の自分にオイオイオイみたいな感じ。過去の自分に、どういうつもりやって感じ。

レモン:美穂子さんは愛くんの就学にあたって、特別支援学校って考えなかったんですか?

美穂子:もちろん入学前とか幼稚園に入る前とかもいろいろ検討はしました。でも同級生の中でいろんな経験をしてほしいっていうのと、この子自体が経験しなくても、前でいろんなことが起こるじゃないですか。で、みんなで一緒に楽しいことをしたとか、こっちの子が喧嘩したとか、そういうのを一緒にいて感じることで学ぶことって、もちろん勉強することも大切だけど、学校で学ぶことの1つとしてすごく大切だと思ったんで、そういうのも考えて、やっぱり地域がいいかなと思って、地域を選びました。

レモン:社会に出てから慌てちゃいますもんね。

美穂子:はい。

レモン:聞くところによると佐藤さんも愛くんの入学にあたって、学校に招かれたんですって。

佐藤:視覚障害の子が入るにあたって、基本的なところでどういう環境整備が必要なんだろうかっていうことは聞かれました。必要な視覚障害者用の点字のプリンターとか、点字をパソコンで点訳できるソフトを紹介したりとか、みんなと同じように、どういう風にしたらどこまで保障できるかっていう部分は、一緒に先生たちと考えるっていうことはやりました。

レモン:玉木さん、親御さんの不安についてどうですか。

玉木:よく分かるんやけど、みんなと同じ学校で、同じ教室に通うということは、地域で生きていくための第一歩やねん。誰かがね、こういうこと(みんなと同じ学校に通うこともできること)もあるんちがう?っていう風にアドバイスできるような仕組みがあったほうがええんかなとは思うな。

レモン:なるほど。

赤江:愛くんのお友達が運動会の時に、愛くんと一緒に出たいんだっていう気持ちと、愛くんが最初は、僕が出ないほうがみんながまとまるんちゃうかっていう、お互いがお互いのことを思い合ってて、そこってすごい愛情っていうか、お互いに気持ちがすごくある。そういう優しい空間にうちの子も入れたいって思いました。

レモン:思ったよねー!バリバラでは来週も引き続き、インクルーシブ教育について考えます。お楽しみにー!

あずみん:見てねー。

愛土:ばいばーい。

※この記事は 2023年10月20日放送【シリーズ インクルーシブ教育①「ともに学ぶ」ために大切なこと】を基に作成しました。情報は放送時点でのものです。