インタビュー 小林小夜役 富田望生さん

NHK
2023年11月28日 午前10:11 公開

Q. 「ブギウギ」に出演することが決まったときのお気持ちは?

制作が発表されたときからこの作品に参加したいと思っていたので、出演が決まったときは「来たーっ!」という感じでした。笠置シヅ子さんの楽曲は、私の世代でも聴いたことがあるくらいなじみがありますし、私の曾祖母は戦争まっただ中を生きた女性で、歌に支えられたという話をよく聞いて育っていたので、この作品に参加できることがとてもうれしいです。

Q. 脚本やご自身の役柄についての印象を教えて下さい。

台本を読ませていただき、最初の小夜の第一声を読んだ瞬間に、映像がバーッと広がるような感覚がありました。私の地元である福島のことばを使う小夜ちゃんにとても親近感を感じますし、自分自身と近い部分もあって、なんて奇跡のような役なんだろうと思っています。自分が小夜と似ているところは、とにかく行動してみるところです。「やりたいと思ったことはやってみる」という部分は、私の性格と同じですね。
福島ことばに関しては、小夜のセリフにある「○○してくんちぇ」(○○してください)は使っていました。同じ福島の中でも、浜側と内陸側では発音などが違っていたりするのですが、スタッフの方からは、私の出身地のことばで大丈夫ですと言っていただけたので、ことばに関してはストレスフリーです。

Q.ヒロイン・スズ子を演じる趣里さんの印象はいかがですか?

もう、最高です!ヒロインは本当にものすごく大変だと思うんです。スケジュールもそうですし、スズ子はいろいろな出会いや別れを繰り返す人生なので、辛いシーンも多いと思うんです。でも、趣里さんは本当に太陽のような方で、すぐにニコッと笑ってくれて毎回心を射ぬかれているような感じです。きっと、これが人々を魅了する力というか、オーラというか、心というものなのかと思いました。人を射ぬく力、掴む力、人を付いてこさせる力というか、こっちが付いていきたいと思ってしまう、そんなパワーを持たれている方だと思います。本当に、目が合うたびに、「まぶしい!すてき!」と思っています!

Q.放送を楽しみにしている視聴者の方々へのメッセージをお願いします。

風とか香りとか、想像をかきたてられるような作品になっていると思います。その香りや空気を身近に感じるように、福来スズ子という一人の人間も身近に感じられる作品になっていると思うので、そこを楽しみにしていただけたらと思います。ステージ上で盛り上がっていく空気も、実際にテレビの前で見ている方も同じように劇場でスズ子を見ている気持ちになるくらい、とても迫力のある、パワーのある作品になっていると思います。