キャスト発表第5弾

NHK
2023年8月8日 午前7:55 公開

2023年度後期連続テレビ小説 第109作『ブギウギ』について、新たな出演者が決まりましたのでお知らせいたします。ヒロイン・趣里さんが演じる花田鈴子の実家の銭湯「はな湯」の人々と、鈴子の出生地・香川の人々です。

◆大阪市福島・「はな湯」の人々

澤井 梨丘  連続テレビ小説初出演

ヒロイン(少女時代)/ 花田 鈴子

歌って踊るのが大好きな天真爛漫な女の子。
銭湯の看板娘として、常連客たちにかわいがられている。

(澤井梨丘さんからのコメント)

初めまして。花田鈴子役を演じさせていただきます、澤井梨丘です。
役をいただいた時は、うれしすぎて今までで1番長い時間空中にいたのではないかと思う程、飛び上がって喜びました。
家族のように寄り添って下さる監督さんやスタッフの方々、実力派の俳優さんたちとブギウギで共演できる事がとっても幸せです。
何事にも一生懸命な鈴子を見て、今日も1日頑張るぞ!!と言う気持ちになっていただけるとうれしいです。


本上 まなみ 

銭湯に来る女性/ 三沢 光子

神戸の旅館で女中として働く女性。訳あって、はな湯を訪ねてくる。

(本上まなみさんからのコメント)

大阪編の終盤に、鈴子さんの門出を祝い、見送るメンバーのひとりとして加わることになりました。
はな湯に集う面々はお節介だったりトボけてたり、程よくいい加減だったりするのが最高です。ぽんぽん飛び交うセリフの心地良いこと!
私は訳あって、はな湯を訪ねていく光子を演じます。とても一途な女性です。見守ってくださいね。


◆香川の人々

中越 典子

香川の女性/ 西野キヌ

かつて治郎丸の家で女中をしていた。治郎丸からはよく思われておらず、肩身が狭い思いをしている。

(中越典子さんからのコメント)

20年ぶりの朝ドラのお話をいただき、本当にうれしかったです。2003年に、私がヒロインを演じさせていただいた頃の懐かしさや、演技を始めたときの原点へかえるような、万感のおもいで現場に入らせていただきました。香川や滋賀でのロケでは豊かで美しい自然のパワーと、共演者の方々やスタッフさんたちのお力をかりて「キヌ」という役を大切に生きることを、味あわせていただきました。


石倉 三郎

地主/ 治郎丸 和一

白壁の大きな家に住んでいる地域の顔役。トシの幼なじみ。

(石倉三郎さんからのコメント)

趣里さん演じるヒロイン花田鈴子の生まれ故郷・香川の何やら訳アリの地主、治郎丸和一を演(や)らせていただきます。それにしても昔の人は、強いというか、まあそういう時代だったんでしょうが、全く羨ましい!昔は良かったなぁ!・・・叱られますかね!?


三林 京子

鈴子の祖母/ 大西 トシ

ツヤの母親で、鈴子の祖母。鈴子とは小学生の時以来、長らく会えていない。

(三林京子さんからのコメント)

趣里ちゃん扮する「鈴子」は香川の人。その故郷にデンと構える婆ちゃん。という事で香川ロケでは、美味しい讃岐うどんもしっかりいただき、昔の家並が残るすてきな島での撮影は、趣のあるシーンになったと思います。鈴子!頑張れ!!


◆香川でロケを行いました

笠置シヅ子さんの出生地である香川県東かがわ市と丸亀市にてロケを行いました。
地元の方々をはじめ、各自治体やさまざまな関係者のみなさんの協力のもと、撮影させていただきました。

◆起用にあたって / 制作統括・福岡利武

ヒロインの少女時代を演じていただく澤井梨丘さんは、笑顔がとてもすてきです。オーディションで約700名の応募の中から選ばせていただきました。これがドラマ初出演と思えないほどしっかりしたお芝居で、現場のムードメーカーにもなってくれています。歌や踊りにも挑戦しています。本上まなみさんには、ヒロインの両親が営むはな湯を訪ねてくるちょっと訳ありの女性を演じていただきました。とても涼やかですてきな場面になると思います。
香川編のキャストもすばらしい方々に出演いただくことになりました。中越典子さんには、とても難しい役どころをお願いしました。揺れ動く繊細な感情を見事に表現していただけると思っています。石倉三郎さんは、香川出身。豪快だけど愛嬌のある芝居で、地元香川の地主の役を魅力たっぷりに演じてくれています。そして、三林京子さんには、ふるさとの愛情深いおばあちゃんを演じていただくことになりました。鈴子を広い器で受け入れる心優しいおばあちゃんです。香川の風景と共に、ウキウキ・ズキズキするドラマ「ブギウギ」をお届けします。