「“神様の子”と呼ばれて〜宗教2世 迷いながら生きる〜」

初回放送日:2021年2月9日

「あなたは私の子じゃない。神様の子なのよ」。今、親が信仰する宗教の下で育った「宗教2世」と呼ばれる人たちが、SNSや漫画を通して声を上げ始めている。宗教こそが家族を幸せにし、教義を基軸とした教育こそが我が子のためになると信じる親によって、恋愛や進学、就労などさまざまな場面で自らの意志を奪われ続けてきたという。これまであまり語られることのなかった、“神様の子”として生きてきた人たちの声に耳を傾ける。

放送内容

目次
  • “神様の子”と呼ばれて ~宗教2世 迷いながら生きる~
  • 1.親の生き方を否定しきれない苦しみ
  • 2.“信じない自由”を奪われていないか
  • 3.子どもの意志を尊重できなかった後悔
  • 4.“親になった”宗教2世の苦悩
  • 5.迷いながら生きる