どうした?石川数正 〜なぜ家康の忠臣は出奔したのか〜

徳川家康を幼いころから支え続けた重臣・石川数正。家康と秀吉が敵対する中で突然、秀吉方に寝返る。徳川家を見限ったのか?徳川を守るための苦肉の策か?真相に迫る。 家康に忠誠を尽くす三河武士の代表といわれる石川数正。家康が幼い頃から側近くに仕え、数々の戦いで功績をあげて筆頭家老となった忠臣にして重臣である。ところが、家康が秀吉と敵対する中で、突然出奔。秀吉方に寝返ってしまう。徳川家中で孤立したから、秀吉に高禄で誘われたから、家康と不仲になったから、戦を避けるための苦肉の策、など古来諸説入り乱れてきた。新たに公開された当時の書状を手掛かりに、出奔の真意に迫る。

  • 番組情報
  • その他の情報
  • 詳細記事