大河ドラマ「光る君へ」新たなビジュアル <二人 ver.><書 ver.> 公開

NHK
2024年2月9日 午後5:00 公開

新たなビジュアル <二人 ver.> <書 ver.> を公開! 番組の制作統括と、本ビジュアルの制作を担当された市耒健太郎さんのコメントをあわせてご紹介します。
   

■制作統括 内田ゆきチーフ・プロデューサー コメント

深い絆で結ばれている紫式部と藤原道長。そして、書かずにはいられない女、紫式部=まひろ。「光る君へ」が描こうとしているもの二つが、柔らかな光の中にしっかりと表れているビジュアルが完成しました。

二人バージョンでは、お互いの存在を強く感じつつ、まなざしにはそれぞれの意志がある。まさにドラマの中のまひろと道長の関係が表されています。

書バージョンには、この時代ならではの、たたずまいの自由さがあります。気負いなく筆にまかせて、でも心からあふれる言葉と真剣に向き合っているまひろです。

この二つのビジュアルが加わって、「光る君へ」を貫くものがより明らかになり、魅力をお伝えできると自負しております。
   

■クリエイティブディレクター 市耒健太郎 コメント

「あなたの心を触りたい」
「言葉にできない文学がある」

1000年前も、今も、変わらないこと。

それは、きっと、愛というものが、根源的には自由ではないこと。
そして、才能というものは、つかみようがなく不定形であること。

はたして人生とは、運命がひらくのか、意志がひらくのか。

今も世界中から愛される『源氏物語』の作者にして、謎に満ちた才女、紫式部。

もしも彼女が現代に生きていたら、なにを表現して、だれに恋をしたのでしょう。
   

<プロフィール>
東京藝術大学大学院修了。博報堂を経て、独立。クリエイティブディレクター兼フィルムディレクター。創造性を研究する学校、UNIVERSITY of CREATIVITYを主宰。
   

《メインビジュアル 制作スタッフ》

・クリエイティブディレクター 市耒健太郎
・アートディレクター 田部井美奈
・カメラマン 熊谷勇樹
・プロデューサー 村井大智
   

■大河ドラマ「光る君へ」関連コンテンツ「かなふみ」の公開について

仮名(かな)文字で文(ふみ)をつくる「かなふみ」 1000年前 平安の言葉あそびを楽しむ

NHKクリエイティブ・ライブラリーは、大河ドラマ「光る君へ」とのコラボレーション企画として、平安時代の仮名(かな)文字で文(ふみ)をつくるWEBサービス『かなふみ』をスタートします。『かなふみ』では、「光る君へ」の題字と書道指導を担当する書家・根本知さんが書いた122文字の仮名文字と、NHKアーカイブスの背景素材やNHKキャラクターなどを組み合わせてメッセージ画像を作ることができます。スマートフォンの待ち受け画像に使ったり、SNSで家族や友だちに共有したり、ポストカードに印刷するなど、さまざまな使い方でお楽しみください。

――「かなふみ」サンプル

「かなふみ」サイトへ

【NHKクリエイティブ・ライブラリーとは】

NHKクリエイティブ・ライブラリーは、NHKアーカイブスの番組や番組素材から切り出した映像や音声を、視聴者のみなさんの表現・創作活動に利用していただくための「創作用素材」として、インターネットを通じて提供する無料のサービスです。利用のルール(非営利目的、著作者名表示など)を承諾のうえ、ダウロードして自由にお使いいただけます。

NHKクリエイティブ・ライブラリー

全特集 リスト