ニュース速報

    イッピン

    「手になじみ 目に楽しい黒の器〜石川 珠洲焼〜」

    ざらざらした土味と深みのある黒色で人気の珠洲(すず)焼。食材をひきたてる板皿や、和紙のような質感のカップが登場!不思議な質感と独特の黒が生み出される秘密に迫る。 いま能登半島から生まれる「珠洲(すず)焼」が注目を浴びている。ざらざらとした土味と渋い黒色が特徴。実は、戦国時代に滅亡したが、近年、全国から集まった陶芸家や考古学者らの力により復活を遂げた。元グラフィックデザイナーが手がけるスタイリッシュなカップは、柔らかい和紙のような表面の質感が評判。その不思議な質感と珠洲焼独特の深みのある“黒”がどのようにして生み出されるのか、女優三倉茉奈が徹底リサーチする。