ニュース速報

    「彩り豊かに 使いやすく〜三重 萬古焼〜」

    炊飯用の便利な土鍋、水切れのいいしょうゆ差し、彩り豊かな西洋風の絵柄のビアマグ。暮らしになじみ、彩りを添える、三重県の焼き物・萬古焼の魅力と職人の技を紹介。 蓋を工夫した炊飯用の土鍋。液だれしにくいしょうゆ差し。そして多彩に色づけされたビアマグ。どれも、三重県四日市市の焼き物、萬古焼だ。江戸時代から、使いやすく、暮らしに彩を添える器を生み出してきた。明治以降は、海外への輸出も盛んに。そのひとつがビアマグだ。イギリス・スイス・オランダなどに向け、それぞれのお国柄を反映した絵が描かれている。食卓に彩を添え、暮らしに役立つように施された、技と工夫を見ていく。