なぜ命を守れなかったのか?〜能登半島地震から2か月〜

初回放送日:2024年3月1日

能登半島地震から2か月。240人あまりが命を落とした。なぜ犠牲となったのか?激しい揺れによる建物倒壊、津波、土砂崩れなど、さまざまな要因について現地取材で探る。 震災から2か月となっても、未だに水道や電気が復旧していない地域があり、過酷な避難所生活などで災害関連死の恐れも続いている。▼地震が直接の原因で亡くなった方々の状況とは?激しい揺れと津波が襲った珠洲市宝立町鵜飼地区や、2か月となっても捜索が続く輪島市市ノ瀬町などを打越キャスターが訪ねた。災害と命について長年、研究を続ける静岡大学の牛山素行教授が、独自の視点で、災害から命を守るポイントを解説する。