ニュース速報

最新のエピソード

Eテレ
7月10日(金) 午後9:00 午後9:30

発表当時賛否を呼んだ「ボレロ」を作曲したラヴェル。作品ごとに新たな挑戦を盛り込むスティーヴ・ライヒ。二人の作曲家を通じて、「音楽の実験」について考える。 ラヴェルとライヒ、二人の作曲家が試みた「音楽の実験」を描く。同じメロディを繰り返す構成が実験的だったラヴェルの代表作「ボレロ」。一方、常に作品に豊かな実験性を盛り込むライヒ。反復を繰り返す作風、テクノロジーの利用、音楽で語る事実の物語など、実験は多岐にわたる。▽「ボレロ」(指揮)川瀬賢太郎、東京フィルハーモニー交響楽団▽「エレクトリック・カウンターポイント」(演奏)トクマルシューゴ

見逃し配信

    次回のエピソード

    • Eテレ
      7月17日(金) 午後9:00 午後9:30

      作曲家の加藤昌則が、楽譜からモーツァルトの人物像に迫る!「音楽のたわむれ」から名曲「ジュピター」まで、モーツァルトの遊び心を堪能します。 楽譜には、作曲家からのメッセージが詰まっている―。作曲家・加藤昌則さんがモーツァルトの「遊び心たっぷり」な一面を、楽譜から読み解きます。楽譜が読めなくても大丈夫!楽譜を図形に見立てて解説します。【曲目】「音楽のたわむれ」(成田達輝ほか)、交響曲「ジュピター」(ヘルベルト・ブロムシュテット/NHK交響楽団)

      7月17日ほか 放送予定へ

      見逃し配信

      • Eテレ
        7月10日(金) 午後9:00 午後9:30

        発表当時賛否を呼んだ「ボレロ」を作曲したラヴェル。作品ごとに新たな挑戦を盛り込むスティーヴ・ライヒ。二人の作曲家を通じて、「音楽の実験」について考える。 ラヴェルとライヒ、二人の作曲家が試みた「音楽の実験」を描く。同じメロディを繰り返す構成が実験的だったラヴェルの代表作「ボレロ」。一方、常に作品に豊かな実験性を盛り込むライヒ。反復を繰り返す作風、テクノロジーの利用、音楽で語る事実の物語など、実験は多岐にわたる。▽「ボレロ」(指揮)川瀬賢太郎、東京フィルハーモニー交響楽団▽「エレクトリック・カウンターポイント」(演奏)トクマルシューゴ

        その他のこれまでのエピソード

        この番組について

        クラシック音楽にはちょっと興味はあるけれど、なんだか難しそう。 そう思って一歩を踏み出せないあなた、この番組で音楽の扉を開けてみませんか?

        • 司会 高橋克典 (俳優)

          俳優・歌手 1964年生まれ 神奈川県出身 1993年「抱きしめたい」で歌手デビュー。その後、俳優として「サラリーマン金太郎」「特命係長 只野仁」などのヒット作を得る。最近では、2015年にNHK-BSプレミアム「子連れ信兵衛」に主演するなど、時代劇にも活躍の場を広げている。 両親は共に音楽家で、小学生の頃はピアノとトランペットに親しんだ。現在も、ロック・ジャズ・クラシックと音楽全般に関心をもっている。

        • 司会 石橋亜紗 (アナウンサー)

        放送

        • Eテレ
          毎週金曜 午後9時

        再放送

        • Eテレ
          毎週木曜 午前10時25分