ニュース速報

    N響第1928回定期公演

    N響第1928回定期公演▽指揮はベネズエラの新星、ディエゴ・マテウス▽ベルリオーズの「幻想交響曲」ほか▽コンサートの後は、ベートーベン生誕250年で作品番号1番 1984年生まれのディエゴ・マテウスは、ベネズエラで開発された音楽教育システム「エル・システマ」から世界に羽ばたいた指揮者で、グスターボ・ドゥダメルに続く存在として、大いに注目されています。今回は、メンデルスゾーン「真夏の夜の夢」序曲、ロシア出身のニキータ・ボリソグレブスキーをソリストに迎えたグラズノフ作曲バイオリン協奏曲、そしてN響と演奏することを熱望したベルリオーズ「幻想交響曲」を披露します。